株式会社ソレア│企業情報株式会社ソレア│事業概要株式会社ソレア│環境とエネルギー株式会社ソレア│採用情報太陽光発電・オール電化jp
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│エネルギー
一見綺麗に見える夜景も実は膨大なエネルギーを消費しています。

私たちは電気を作ったり、自動車を走らせたり、工場の機械を動かしたりする力(エネルギー)を石油や石炭などの化石燃料から得ています。

産業革命によって私たちの生活は豊か、そして便利になりました。

しかしエネルギー消費は急速に増え、大気中には大量の二酸化炭素を放出し、その結果、地球温暖化を引き起こしているのです。
わが国のエネルギー消費でもっとも大きく伸びているのが、家庭やホテル等の民生部門。 オイルショックのあった1973年と比較すると2.2倍にも増えています。 特に、家庭に関しては世帯数の増加や高年齢化といった社会的要因に加え、 ライフスタイルの変化が、エネルギー消費の増加につながっています。
エネルギー消費に密接な関係がある人口増加。日本の場合は2005年をピークに減少傾向にありますが、世界全体で考えると著しい増加傾向にあり、2050年には最低でも73億人、多ければ100億人に達する勢いです。エネルギー消費が増え続ける要因の一つとなっています。
地下にあるエネルギー資源の量を正確に把握することは大変難しいことです。しかし、このまま進めばどうなるか、ある程度のことは分かっています。エネルギー資源は有限なため、いずれ利用できなくなるのです。仮に技術の進歩等により、新たな資源が採掘可能になったとしても、使えるエネルギー資源の量は極端に増えることはないと考えられています。エネルギー資源は、あくまでも「有限」なのです。
化石燃料である石油、石炭、天然ガス等の資源は地殻の薄い層に埋蔵されていますが、現在の技術で採掘可能な量には限りがあります。
石油は約41年、天然ガスは約67年、ウランは約85年、比較的量の多い石炭でもあと約164年しかもたないと予測されています。
世界の主要国でエネルギーを輸出しているのはイギリスなどで、ほとんどの国は輸入に頼っています。
しかし、ここで問題なのはエネルギーの自給率です。
2003年度の統計では日本の自給率はなんとわずか4%(原子力発電を含むと16%)で主要国では低いのです。
新エネルギーとは「技術的に実用化段階に達しつつあるが、経済性の面での規制から普及が十分でないもので、石油代替エネルギーの導入を図るために特に必要なもの」と新エネ法で定義され、太陽光発電や風力発電等14種類が指定されています。
これらの新エネルギーは、CO2の排出が少なく地球環境に良い上に、輸入に頼らない新たな国産エネルギーとして期待されています。
株式会社ソレア│ホーム株式会社ソレア│お問合せ
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│地球環境
株式会社ソレア│エネルギー